製造過程

品質に自信があります。


珠洲の海・日本海

日本海のきれいな海水をくみ上げることから塩づくりは始まります。

自然の力

くみ上げた海水を一週間以上、すだれや竹枝、ネットにスプリンクラーで散布し自然の太陽と風で濃縮します。

大釜

濃縮された海水(かん水)を大釜で煮ます。水分を蒸発させ、さらに濃縮していきます。

仕上げ釜

濾過タンクを通して余分なものを取り除き仕上げ釜で更に20時間煮詰めます。

純白の塩

結晶化した塩を釜から上げ余分なにがりを抜きます。ここで、純白の塩が出来上がります。

珠洲製塩の塩

仕上がった塩をゴミなどの異物が入っていないかチェックしながら袋詰めをします。