塩の保存について


塩は家庭の万能調味料です。毎日のように口に入るものなので、おいしさや品質を損なわないためにも正しく保存しましょう。

塩には賞味期限がない?

塩は、時間経過による品質の変化が極めて少ないため、賞味期限が設定されていません。ものが腐っていく現象には、微生物が住める環境が必須となります。微生物の繁殖には水分が欠かせませんが、塩にはこの水分が絶対的に足りないため、微生物の繁殖を防ぐことが出来る、つまり腐らない、というわけです。食品の品質表示に関する法律でも、賞味期限の設定を省略出来る食品として分類されています。
とはいえ、適当に保存してしまうと、固まったりニオイが強くなったりするのでご注意下さい。

保存に適した環境

湿気と温度の影響を受けやすい塩は、風通しが良く直射日光が当たらない場所への保管が適しています。特にジメジメとした梅雨の時期や、気温上昇の著しい夏場は冷蔵庫内が最も安心です。密閉性の高い容器に入れたり、乾燥剤を使ったりと、空気中の水分を吸収しにくくするための工夫も大切です。
米粒やパンくずは湿気を吸収してくれるので、一緒に入れることもおすすめです。

固まった塩をサラサラに戻す方法

気づくと塩がカチカチになっていた、なんてことはありませんか?そんな時は以下の方法をお試し下さい。

・フライパンで煎る

油を敷かずに軽く炒ってあげると元通りになります。少量の酒を加えると風味豊かな塩に変身します。

・電子レンジで加熱

大さじ1杯程度の固まりの場合、500wのレンジで30秒ほど加熱し、水分を飛ばしましょう。

当店は、日本海のきれいな海水から生まれた「一番塩」を通販にてご提供しています。品質管理を徹底すると共に、こだわりの製法で最高の状態に仕上げました。本物志向の極上塩「一番塩」は、ご家庭用に、またはギフト用にもおすすめですので、ぜひ当店の通販をご利用下さい。
一番塩のおいしさをいつまでも損なわぬよう、上記で紹介した保存方法をぜひご参考いただければと思います。