手作りにがりを活用しておいしい料理を作ろう


海水を煮詰めると水分が蒸発して塩の結晶になります。この塩の結晶を取り除いた後に残った液体をにがりと呼びます。漢字では「苦汁」と書き、文字通り直接口にすると苦いです。

にがりの作り方

にがりの作り方には様々な種類があります。昔ながらの製法として知られている天日干し、海水をくみ上げて大きな釜で煮詰める釜茹などがあります。日本で作られたにがりのほとんどは釜茹です。

天日干しや釜茹の他にも、海洋深層水などを作る際に使用する逆浸透膜という製法やイオン交換膜透析法があります。また、科学的に作られたにがりもあります。様々な製法がありますが、当店では揚げ浜式製法と流下式製法でかん水を作り、釜で仕上げてにがり販売を行っています。

にがりで料理をおいしくしよう

肉料理を作る時に隠し味としてにがりを使うと、にがりの主成分であるマグネシウムが肉の浸透を良くし、肉が柔らかくなります。ただ柔らかくするだけでなく肉のアクを抜くことも可能です。ビーフシチュー・ビーフカレー・肉じゃが・しゃぶしゃぶなど、肉の煮込み料理に最適な調味料として活躍するでしょう。

肉の煮込み料理だけでなく、パスタを茹でる時や野菜を下茹でする時ににがりを数滴加えると料理の風味が増します。ごはんを炊く時もにがりを使用するとツヤのあるふっくらとした炊き上がりになります。
そしてにがりは料理だけでなく入浴剤やガーデニングにも活用でき、他にも様々な活用方法があるのでぜひお試し下さい。

石川県でにがり販売を行っている当店では、きれいな日本海の海水を原材料としています。
日本海の海水が濃縮された「珠洲の海」は料理の隠し味にはもちろんのこと、水に薄めてにがり水を作り、毎日の飲用水として使用するのもおすすめです。

また、当店ではにがり販売だけでなく本物志向の方も満足できる塩販売も行っております。
通販サイトからだけでなく石川県珠洲市の店頭での販売も行っております。ぜひお立ち寄り下さい。